農機具の歴史を知る

効率的な農作業の歴史について。

農機具が最初に登場したのは昭和20年代後半ぐらいからで、耕耘機やテーラーが最初に販売されるようになりました。それ以前は牛や馬などの畜力で農作業の効率化が図られていたのです。ところが牛や馬などの飼育に労力がかかることから、次第に農機具による農作業へと移行されていきました。それから昭和30年代後半になると水田でも使用できる小型トラクターが開発され、農作業がさらに楽になりました。その後は小型トラクターが改良されて普及したことから価格も安くなり、それ以外にも植付や収穫・調整器具などの農機具が次々に開発されるようになり、農作業の効率化がさらに進んできたのです。当時は農業が盛んだったことから、農機具買取ということはほとんど考えられず、故障したら修理するか使用できなくなれば新たに買い替えるなどの方法が取られていました。ところが減反政策などの影響で、兼業農家や農家をやめる人も増えてきたことから、使用しない農機具買取を専門とする業者が登場するようになりました。

中古農機具買取と販売の今後の動向について。

ところで減反政策や若い人が都会に出て仕事をする人が増えてきたことで、一時は農業も衰退の一途をたどっていた時期もありました。ところが近年になって定年退職後のIターン現象による農業就労者の増加や、若い人でも農業に関心を持つ人が増えてきたことから、農業就労者人数も徐々に増えてくるようになりました。さらに企業が農業に強い関心を持つようになり、企業自体が自社農場を保有するなどして農業ビジネスを展開するというケースも増えてきたのです。そこで格安で購入できる中古農機具の需要が高まったり、新機種を購入するために中古品の買取を依頼するということが増えてきたことから、農機具買取専門業者を利用する人や会社が次第に多くなってきたのです。今後は農機具買取専門業者や中古農機具販売店の必要性が高まることで、中古車専門販売店のようなチェーン店が登場することも予測されます。